皮膚炎用語集 皮膚炎(ひふえん)の症例写真

catch_119.jpg



2013年05月01日

皮膚炎用語集1

・顔の脂漏性皮膚炎の対策は、敏感肌用のせっけんなどを使い、
 油分の少ない保湿剤を使うようにします

 脂漏性皮膚炎を起こすと、皮がめくれてくるために乾燥していると
 勘違いして油分をたくさんつけてしまう人がいますが、
 これは間違いです

 脂漏性皮膚炎は鼻の周りなど、皮脂の多い部分にできるのに対し、
 乾燥性の皮膚炎は口元を中心にできるものです

 保湿は、セラミドやヒアルロン酸配合の美容液などで水分を中心に
 与えるようにします

 皮がめくれても無理に取り除かずにそっとしておきます

・アトピー性皮膚炎の衝撃写真!
 http://atopy.kusuri.org/

・脂漏性皮膚炎は慢性化しやすく、一度かかってしまうと断続的に
 何年も治療する場合が多いです

 症状が出たら薬を使います。 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は
 頭皮にもできることがあり、フケが出たりかゆみが生じます

・皮膚に接触したいろいろの物が原因で発生した湿疹のことを
 接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)といいます

 接触性皮膚炎は俗にかぶれといわれているものです

 接触性皮膚炎は接触したものの刺激による場合とアレルギーによる場合の
 二つが考えられます

 どちらであるかは慢性で再発性の接触性皮膚炎でない場合は、
 治療の立場からはそう神経質になる必要がないと思います

・脂漏性湿疹の写真
 http://www.zinmasin.com/22shasin.html
ラベル:皮膚炎
posted by スマイル at 10:56| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集2

・アレルギー情報センター | ガイドライン | アトピー性皮膚炎
 http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/03/index.html

・日光皮膚炎は運動会とかスポーツ観戦などで長時間日に当たることが
 あったりした場合に起こります

 アウトドアの仕事あるいは趣味で日に当たる機会が多い人に日光に
 良く当たる腕とかうなじにざらざらした皮膚が厚ぼったく感じる
 慢性型の湿疹が出来ることがありますがそれも日光皮膚炎です

・手や足に水泡ができる病気 ブログコミュニティ - 病気ブログ村
 http://sick.blogmura.com/tb_entry67982.html

・アトピー性皮膚炎の原因には皮膚のバリア機能が低下し、
 皮膚の過敏性が亢進したドライスキンの状態とアレルギー反応による
 炎症とがあります

 アレルギー炎症に対して古典的外用剤、ステロイド剤、
 抗サイトカイン薬、免疫抑制剤などにより炎症を収めます

 ドライスキンによるバリアー機能障害に対する治療法はスキンケアです

 皮膚を清潔に保つスキンケア、乾燥に対するスキンケアが重要で、
 バリアー機能を回復することにより、皮膚の過敏性の亢進や抗原の
 さらなる侵入を回避でき、アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐことが
 できるからです
posted by スマイル at 10:52| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集3

・ガやチョウの幼虫、いわゆる毛虫の持つ毒針毛に触れることで
 起きる皮膚炎を「毛虫皮膚炎」といいます


 毒針毛にはプロテアーゼなどの酵 素類やヒスタミンが含まれており、
 これらによって皮膚炎が起こされると考えられています

・脂漏性皮膚炎は、食事や薬の塗り方など、ちょっとしたことで
 改善する場合があります

 とくにビタミンB群を多く含む食品を積極的にとるようにします
 (例:レバー、しじみ、牛乳、卵、ほうれん草、トマト、キャベツ、
  しいたけなど)

 皮脂分泌を高めたり、皮膚に悪影響を与えるような食品はひかえめにします
 (例:脂肪分、糖分、ナッツ、コーヒー、アルコール、香辛料など)

・脂漏性皮膚炎に効く漢方薬
 ツムラ漢方 消風散エキス顆粒 消風散(しょうふうさん)は、
 漢方の原典である『外科正宗(げかせいそう)』に記載されている漢方薬で、
 かゆみが強く分泌物があり、痂皮(かさぶた)が出来るような慢性湿疹に
 効き目があります

・アトピー性皮膚炎の人が単純ヘルペスに感染すると、
 皮膚炎の症状が出ている部分に次々と感染が広がる可能性があります

・全国のアトピー性皮膚炎の名医検索|アトピー性皮膚炎INFO
 http://atopy.qee.jp/06.html

・MLリソース:アトピー皮膚炎
 http://www.medmk.com/mm/add/mp_atopy.htm
ラベル:皮膚炎
posted by スマイル at 10:52| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集4

・接触皮膚炎(かぶれ)など、1ヵ所に限局している皮膚病変が急激に
 悪化すると、全身の他の部位に痒みを伴う紅斑(赤み)や
 丘疹(ぶつぶつ)が出現する場合があります


 これは「自家感作性皮膚炎(じかかんさせい ひふえん)」と呼ばれており、
 限局した皮膚病変に対するアレルギー反応によって生じると
 考えられています

 自家感作性皮膚炎の原因には、接触皮膚炎や貨幣状湿疹、
 うっ滞性皮膚炎などがあり、下腿の湿疹病変が原発巣になることが多いと
 言われています

 その他にも、足白癬(水虫)や湿疹の二次感染のような細菌感染が、
 自家感作性皮膚炎の原因になる場合もあります

 自家感作性皮膚炎では、同じような種類の発疹(紅斑や丘疹など)が
 左右対称に多発し、激しい痒みを生じるようになります

 重症の場合、発熱や全身の倦怠感などを伴うこともあります

 治療には抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)の内服を必要とし、
 ステロイド外用薬も使用します

 症状によっては、短期間のステロイド内服を併用する場合もあります

・脂漏皮膚炎の正式名は、脂漏性皮膚炎です

・アトピー性皮膚炎を中医学では、異位性皮膚炎と呼びます

・「マクナリス」は、しっしん、皮膚炎、かゆみ、おむつかぶれなどの、
 非ステロイド系外皮用薬です
posted by スマイル at 10:51| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集5

・今や国民の3割がアトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息などの
 アレルギー性疾患を持っているといわれており、
 これらの疾患はもはや国民病とさえいってよいと思われます


・アトピー性皮膚炎 ステロイド剤に頼らない治療方法
 http://www.jintaijikken.com/jintaijikken/

・アレルギー性皮膚炎とはアレルギーを原因とする皮膚病の総称です

 アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、接触性皮膚炎などが存在し、
 強い掻痒が特徴です

・皮膚炎(ひふえん)とは、皮膚に起こる炎症のことです

・適切な外用薬、内服薬を用いているにもかかわらず湿疹・皮膚炎の
 症状が長引く場合には、湿疹・皮膚炎の原因になっているものを
 見つけ出し、取り除くことも重要になります

・顔は、常に外気にさらされているため、なんらかのアレルゲンに
 触れて湿疹や皮膚炎が起こりやすい部位だといえます

・犬の皮膚病の種類(アレルギーなどの皮膚病)

 動物には異物を排除しようとする免疫機能が備わっています

 この免疫機能が異物が体内に入ったとき、過剰に反応してしまうことを、
 アレルギー性皮膚炎といい、その原因となる物質をアレルゲンと言います

・皮膚炎は、湿疹ともいいます

・湿疹の特徴として「外見上、多様性に富む固疹が、時間的にも状態的にも
 みられる」「病理学的にリンパ球などの炎症細胞浸潤がみられること」
 などがあげられますが、統一した定義をつけることが困難な概念です

・外見の変化を専門的には湿疹の三角形と言われます

・湿疹とは病態(動き)を示す言葉であり、ある湿疹を診た時に、
 発疹が起こっているとは言うことができますが、
 発疹を診てこれは湿疹だと言うことはできなません
 (同じことが蕁麻疹でもいうことができます)

・皮膚に起こる形態的徴候は皮膚科学の言葉で発疹として
 別に定義されています
posted by スマイル at 10:51| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集6

・接触皮膚炎

 ・一般にかゆみはかなり強いのに対し、発疹は軽度ですぐに消える赤みから、
  ひどく腫れたり大きな水疱ができる重度のものまでさまざまです

 ・普通、発疹は小さな水疱を含んでいます

 ・原因となる物質に触れた部分の皮膚にのみ、発疹ができます

 ・発疹はその中でもまず皮膚が薄く敏感な部分にできて、その後皮膚が厚い
  ところや物質との接触が少なかったところにできていくので、
  発疹が広がっていっているような印象を受けます

 ・発疹や水疱の中の液体に触れても、接触皮膚炎が物質に
  触れなかった部分にうつったり、他の人にうつったりはしません

 ・水疱は少しの間じくじくしてかさぶたになったりしますが、
  まもなく乾いて治ります

 ・皮膚がかさついてはがれる、かゆい、一時的に皮膚が厚くなると
  いった症状は、数日から数週間ほど残る場合があります

 ・かゆみを抑えるには、数々の局所用薬や経口薬があります

 ・皮膚炎が起きている範囲が狭ければ、冷たい水か酢酸アルミニウムに
  浸したガーゼを1日に数回、1回1時間ほど貼っておくと
  症状を鎮めることができます

 ・範囲が広い場合、冷たい水での入浴を短時間行うと
  症状が軽減されます

posted by スマイル at 10:50| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集7

・アトピー性皮膚炎

 ・体の広い部分にもできることがあります

 ・もっと年長の小児や成人の場合、発疹は1カ所だけ、あるいは数カ所に
  部分的にできることが多く、繰り返しできることもあります

 ・発疹がよく出る部位は、手、上腕部、ひじの内側、膝の裏などです

 ・発疹の色や重症度、発生部位はさまざまですが、一様にかゆみを
  伴います

 ・かゆみはかかずにはいられないほどひどいことが多く、
  「かゆいからかく、かくとさらにかゆくなる」という悪循環を引き起こし、
  症状を悪化させます

 ・かゆい部分をかいたりこすったりすると皮膚に裂け目ができ、
  感染症を起こす細菌の入り口をつくってしまいます

 ・患者がそれに対して敏感で、皮膚に刺激を受けるとわかっている物質や
  食品を避けることで、発疹が出るのを防げます

 ・市販の保湿剤やワセリン、植物性オイルを使って皮膚のうるおいを
  保つことも必要です

 ・保湿剤は、入浴後で皮膚がうるおっているときに使用するのが最も
  効果的です

 ・長期にわたって治療を受ける場合、ステロイド薬の使用量を
  制限するため、1週間あるいはさらに長期にわたってステロイド薬を
  ワセリンに切り替える場合もあります

 ・ステロイドの錠剤は、難治性の症例に対する最後の手段です
ラベル:皮膚炎
posted by スマイル at 10:50| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集8

・脂漏性皮膚炎

 ・脂漏性皮膚炎の症状は徐々に現れます

 ・ひどくなると黄色から赤みがかった、うろこ状のかさつきを伴う
  吹き出ものが、髪の生えぎわ、耳の後ろや中、眉の上、鼻筋や鼻の周囲、
  胸、背中の上部などにできます

 ・生後1カ月未満の乳児では、頭皮に厚く黄色いかさぶた状の発疹
  (新生児頭部皮膚炎)ができたり、耳の後ろの皮膚が黄色く
  かさかさになったり、顔に赤い吹き出ものができることがあります

  この頭皮の発疹に伴い、治りにくいおむつかぶれもしばしばみられます

  もっと年上の小児や成人では、厚いうろこ状のかさつきを伴う治りにくい
  発疹ができ、皮膚が大きなフケのようにはがれ落ちます

 ・これらの薬用シャンプーを1日おきに使用し、症状が治まってきたら
  回数を減らし週2回使用します

 ・ケトコナゾールクリームも同様に効果があります

 ・成人で、厚いかさぶたやうろこ状のかさつき(鱗屑)が生じている場合、
  ステロイドやサリチル酸を塗ってその上からシャワーキャップをかぶって
  一晩おくと、症状が和らぎます。

 ・多くの場合、治療は何週間も継続しなくてはなりません

 ・治療をやめた後に症状が再発したら、治療を再開します

 ・頭をはじめ、症状が出ている部分には、局所用ステロイドも使われます

 ・顔には、1%ヒドロコルチゾンのような弱いステロイド薬を使うべきです

 ・弱いステロイド薬でも、長期間使用すると皮膚が薄くなるなどの問題が
  生じるおそれがあるので、慎重に使用しなくてはなりません
posted by スマイル at 10:49| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集10

・うっ血性皮膚炎

 ・うっ血性皮膚炎は、拡張蛇行静脈(広がった静脈がねじれて
  入り組んだ状態)や、浮腫のある人に起こりやすい病気です

 ・通常は足首に生じますが、膝に向かって症状が上に広がる場合も
  あります

  まず、皮膚が赤くなって軽度のうろこ状になります

  数週間から数カ月の間に、その部分の皮膚が濃い褐色になります

  やがてその部分の皮膚が傷ついて、ただれや潰瘍(かいよう)が
  できます

 ・足首の近くにできるのが典型的です

 ・潰瘍は細菌感染を起こすことがあります

 ・うっ血性皮膚炎では足がかゆくなって腫れますが、痛みはありません
  しかし、潰瘍ができると痛みます

 ・医師が処方する適切な強さの弾性ストッキングを着用し、
  適度に脚を圧迫すると、血液がたまるのを防いで腫れを
  軽減することができます

 ・皮膚炎の症状が出はじめたばかりなら、水道水や酢酸アルミニウムに
  浸したガーゼで湿布をすると心地良く、皮膚をきれいな状態に
  保つことで感染予防にも役立ちます

 ・病状が悪化して患部が熱をもって赤くなり、小さい潰瘍ができ
  膿が出る場合は、より吸収力のある包帯を用います

 ・ステロイドクリームも効き目があり、しばしばペースト状の酸化亜鉛と
  混ぜて、皮膚に薄く塗ります

 ・治りが悪くなることがあるので、ステロイドを潰瘍に直接塗ることは
  避けます

 ・潰瘍が大きく、広範囲にわたっている場合は、特に水分を多く含む
  ハイドロコロイド包帯やハイドロゲル包帯が使われます

 ・抗生物質は、皮膚がすでに感染を起こしている場合以外は使いません

 ・潰瘍が非常に大きい場合は、体の他の部分から皮膚を移植することも
  あります
posted by スマイル at 10:48| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集11

・限局性掻爬皮膚炎

 ・限局性掻爬皮膚炎(げんきょくせいそうはひふえん)は、
  皮膚の上層部に生じる、かゆみを伴う慢性の炎症で、
  慢性単純性苔癬(まんせいたんじゅんせいたいせん)、
  神経皮膚炎ともいいます

 ・この病気は体のどの部分でも発症する可能性があります

 ・最も多いのは頭、腕、脚ですが、肛門で発症することもあります

 ・初期段階では、皮膚の見た目は正常ですが、かゆみがあります

 ・症状が進むと、皮膚をかいたりこすったりし続けた結果、
  その部分の皮膚が乾き、うろこ状になり、暗い色の皮疹ができます

 ・その後、かゆみに対する標準的な治療法を行う必要があります

 ・ステロイド薬をしみこませた外科用テープを貼ると、
  かゆみと炎症を和らげ、かつ、皮膚をかかないよう保護することが
  できます。

 ・かゆみを抑えるため、長時間作用型のステロイド薬を
  皮下注射することもあります

・口周囲皮膚炎

 ・口周囲皮膚炎(こうしゅういひふえん)は口の周囲やあごにできる、
  赤色で凹凸を伴う発疹です

 ・病気の原因はわかっていませんが、主に20〜60歳の女性に発症します

 ・抗生物質を服用しても発疹が消えず、病状が重い場合は、
  にきび用の薬であるイソトレチノインが効くことがあります

 ・ステロイド薬や一部の油性の化粧品、特に保湿剤を使うと、
  病状が悪化する傾向がみられます

・汗疱

 ・汗疱(かんぽう)とは、かゆみを伴う水疱が手のひらや指の横に
  できるのが特徴の慢性皮膚炎です

 ・足の裏にできることもあります

 ・水疱はうろこ状で赤く、じくじくしていることが多くみられます

 ・この病気は突然発症して2〜3週間続きます

 ・そのままにしておくと数週間で消えます

 ・かゆみと炎症を抑えるには、効き目の強い局所用ステロイド薬が
  役立ちます
posted by スマイル at 10:48| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集12

・皮膚炎(ひふえん)とは、皮膚に起こる炎症のことです

・接触皮膚炎

 ・接触皮膚炎は、その原因やタイプにかかわらず、いずれもかゆみと発疹を
  引き起こします

・アトピー性皮膚炎

 ・乳児では、赤くてじくじくして、かさぶたを伴う発疹が、顔、頭皮、
  おむつで覆われる部分、手、腕、脚や足にできます

・脂漏性皮膚炎

 ・頭皮に乾いた、または脂っぽい粉状の皮膚のはがれ(フケ)が生じ、
  かゆみを感じることもありますが抜け毛はみられません

・貨幣状皮膚炎

 ・貨幣状皮膚炎は、かゆみ、発疹、炎症が持続する状態で、小水疱、
  かさぶた、うろこ状の皮膚を伴う、コインのような形の湿疹が特徴です

・全身性剥脱性皮膚炎

 ・全身性剥脱性皮膚炎(ぜんしんせいはくだつせいひふえん)は
  紅皮症ともいい、全身の皮膚が赤くなってひび割れ、
  うろこ状にはがれやすい状態(鱗屑、落屑)になる重度の炎症です

・うっ血性皮膚炎

 ・うっ血性皮膚炎とは、脚の下部に血液と体液がたまったことが
  原因で起こる炎症です

・限局性掻爬皮膚炎

 ・限局性掻爬皮膚炎(げんきょくせいそうはひふえん)は、
  皮膚の上層部に生じる、かゆみを伴う慢性の炎症で、
  慢性単純性苔癬(まんせいたんじゅんせいたいせん)、
  神経皮膚炎ともいいます

・口周囲皮膚炎

 ・口周囲皮膚炎(こうしゅういひふえん)は口の周囲やあごにできる、
  赤色で凹凸を伴う発疹です

・汗疱

 ・汗疱(かんぽう)とは、かゆみを伴う水疱が手のひらや指の横に
  できるのが特徴の慢性皮膚炎です
posted by スマイル at 10:47| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚炎用語集13

・接触皮膚炎

 ・接触皮膚炎は、原因物質との接触がなくなれば、普通は1週間程度で
  皮膚の赤みはなくなります


・アトピー性皮膚炎

 ・治癒させる方法はありませんが、局所用薬や経口薬でかゆみを
  抑えることはできます

・脂漏性皮膚炎

 ・頭皮の症状は、ジンクピリチオン、硫化セレン、抗真菌薬である
  サリチル酸や硫黄、タールなどの成分を含むシャンプーで治療できます

・貨幣状皮膚炎

 ・多くの場合、保湿剤で効果が得られます

・全身性剥脱性皮膚炎

 ・剥脱性皮膚炎が重度の場合、入院して感染予防のための抗生物質の
  投与、皮膚表面から失われた体液を補うための輸液、栄養補給を
  受けなくてはなりません

・うっ血性皮膚炎

 ・足首の周囲の静脈に血液がたまるのを防ぐことを目的とした、
  長期治療を行います。長時間座ったままになるときは、
  足を心臓の高さまで持ち上げた姿勢をとるようにします

・限局性掻爬皮膚炎

 ・この病気を治すためには、患者はその部分の皮膚をかいたり
  こすったりすることを完全にやめなくてはなりません

・口周囲皮膚炎

 ・治療は、テトラサイクリンなどの抗生物質を内服します

・汗疱

 ・過マンガン酸カリウムか酢酸アルミニウムに浸した湿布をすると、
  水疱を消す効果があります
ラベル:皮膚炎
posted by スマイル at 10:47| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定商取引法に関する表記

管理者:スマイル

所在地:大阪府

商品:このサイトは私が調査した商品の
   感想を述べる為の個人的なサイトであり、
   直接に商品を販売しているサイトではございません
posted by スマイル at 10:45| 皮膚炎用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。